来店不要の通販サイトを活用し、読み終えた本を高額で売る

何故、本を売るには通販が高額になるのか。

アマゾンにあるものはマーケットプレイスへ

アマゾンにはマーケットプレイスなるものが存在します。
もちろん、出店等にはアマゾンへ登録等が必要になりますが、登録は無料。
大口になる場合、月に50点以上出品する場合には別方法での登録がお得なようですが、そんなに出品しない場合には無料での登録が可能です。
費用的には、売買の契約成立料100円と販売手数料がかかります。
販売手数料は変動があるようなので、ここで詳細な金額はわかりかねます。
実際のアマゾンでの純利益は、自分で値段をつけた販売価格から、上記2点の成立料と手数料を差し引かれて、振り込みになります。
もちろん、これに自分で行う送料等もかかりますので、そこを計算しながら売値を自分で考えることになります。

自分で梱包や商品状態の入力は必要

ここで、パパっといかないのが、商品情報等の詳細内容を自分で入力する必要がある事。
汚れ具合、傷等の有無については詳細に丁寧に対応することが求められます。
これら通販及びアプリ等での出品については、共通にいえることだと思いますが、自分が事業主であると意識を持つことです。
つまり、この商品解説等の欄をお粗末にしてしまうと、買い手からの低評価につながる事も考えられ、次回からマーケットプレイスへ出品しても売り手がつかない可能性があるということ。
高く売るためには、少々の手間と労力が必要なのですね。
また、梱包等にもある程度気を遣った方が良さそうです。
利潤追求のため、梱包等を疎かにし、配送中に包装紙が破損したり濡れたりしないような工夫をした方が、高評価の個人売り主さんになるようですね。