来店不要の通販サイトを活用し、読み終えた本を高額で売る

ブクマを活用して簡単に売りだそう

作業手順がすばらしく簡単なのがいい

このブクマ!というアプリはなんと言っても、簡単に売りたい本の登録が出来るのが一番のメリットではないでしょうか。
その秘密は、バーコード。
アプリの最初の画面下には、カメラマークが表示してあり、売りたい本の裏表紙にあるバーコード(だいたい2つあるのですが、97から始まるバーコードです)を読み取ると、本の表紙が画面に出てきます。
その後は、ほんの状態を4段階評価から選ぶ、発送方法や発送時期や値段設定等を行えば完了で、慣れた方なら30秒ほどで終了するようです。

メルカリより簡単だという評判もあるほど、短時間で古本を出品出来るアプリ。
後は買い手がつくと、連絡がスマホに送られてくるので、発送を行い、発送を完了したことをアプリで連絡するだけです。

上手に売る為の少々の工夫とコツ

メルカリ始め、どこのオークションアプリも同じでしょうが、「いいね」をたくさんもらえるとそれだけ、注目されていることですから当然買い手はつきやすいですよね。
もちろん、売買契約成立後、買い手からの評価も表示されますから丁寧な対応等は当然でしょうが、それ以外でも本にも流行があると言うことを考えて出品してみるといいようです。

また、価格付けの工夫ですが、同じ商品が多数出品されているのであれば1円ほど安くして、販売価格の桁を下げる等考えてみてはいかがでしょう。
例えば、1000円で売るより、998円などと書かれてある方が安いように見えませんか?
そのような少しの工夫で、他の商品との差別化を図り上手に売ってみるのもいいと思います。