来店不要の通販サイトを活用し、読み終えた本を高額で売る

高額で売るコツはどこにあるのか

市場の動向には敏感になるべし

今回はあくまでも、埃をかぶったとてつもない古本は対象とは思っていません。
もちろん、そのような本でしかもこれは価値があると思っているお宝のような本が発見為れた場合は、東京神田などにある各古本専門店等に持ち込んだ方がいいかもしれませんね。

さて、使用済みの本を高値で買って頂くそのコツは何でしょう。
一つは早めに売ってしまうことです。
特に人気が出ている本であれば、使用済みでも高値で売れることは市場の原理と照らし合わせれば、お解りなるでしょう。
後は、古い本でも状態がよく、何らかの賞を獲った作家の絶版に近いものであれば、プレミアとして売れるかもしれませんね。
自分は早い時期から注目している作家で、賞を獲って過去の作品は既に新品等で市場にはなく、全巻そろって持っています、等というものは割と高値で取引可能だと思います。

必要経費を抑える工夫と信頼性

アマゾンの項でも述べましたが、送料は必要経費として考えておかなければならないものです。
しかし、本一冊為に信用度は高いですが、ゆうパックや宅配便等を利用していては、かえって赤字になりかねません。
そこで、お伝えしたい便利なサービスが郵便局で行っているクリックポストというもの。
全国一律185円で郵送可能で、追跡調査も可能です。
大きさは、いずれも厚さ3センチ、横25センチ、縦34センチ以内であれば利用可能。
はがきのように、ポストへ投函して配送してくれます。
支払い等はネット決済になります。

また、必要経費を抑えようと梱包等を粗雑にすることはお勧め出来ません。
真摯な対応と自身の努力があってこそ、ネット通販等の利用で使用済みの本も高値で取引が可能なのだと思います。